研修医の募集内容、研修内容

当院での麻酔科初期研修は、希望に応じて研修一年目に2ヶ月間を、二年目に選択科目として希望する期間を選択可能です。
術室での麻酔管理全般を多数の指導医の下で研修していただけます。

研修病院は関西医科大学附属三病院(枚方・滝井・香里)で可能であり、各病院に最新の麻酔器・各種モニタリングシステムを備えています。

麻酔科が日常に行っている診療(1.術前患者評価とそれに基づく麻酔計画立案、2.周術期患者管理)を指導医とともに担当していただき、手術侵襲が加わった状況における生体管理を経験するとともに、高血圧・虚血性心疾患・脳血管障害・糖尿病・気管支喘息・肥満など一般的に見られる疾患に関する知識も身につけていただくのが目的です。

また、関西医科大学附属枚方病院には、麻酔科が中心となって管理している集中治療室(GICU)があります。一年目の2ヶ月の研修後に、選択科目として一定期間の麻酔科研修を希望する場合は、手術室での研修だけでなく、集中治療室(GICU)での研修も受け入れており、術中麻酔管理を含めた周術期管理だけでなく、院内発症の重症患者(敗血症、重症肺炎、重症膵炎など)に対する、緊急処置を含めた全身管理を学ぶことができます。