ホーム > コースの紹介 > 希少がん・小児がん挑戦型臨床腫瘍学コース

コース紹介

希少がん・小児がん挑戦型臨床腫瘍学コース

コースの概要

修業年月(期間) 4年(ただし、長期履修制度を利用する学生は5年)
コースの履修対象者 原則として初期研修修了者
養成する人材像 希少がんや小児がんなどの難治がんの病態解明を目指す研究と手術手技に優れた医療者の養成を目指すとともに、有効で安全な治療法の開発や効果が期待できる治療法を組み合わせた集学的治療の開発に取り組む医療者を養成する。
教育プログラム・コース修了者のキャリアパス構想 本学附属病院、及び地域の関連病院において、個別化医療、プレシジョンメディシンに対応可能ながん専門医療人として、地域医療の促進及び後進の育成に努める。
教育内容の特色等 白血病や悪性リンパ腫、また小児脳腫瘍や神経芽腫・網膜芽腫・ウイルムス腫瘍・横紋筋肉腫・奇形腫・肝芽腫などの多くの小児がん・希少がんについて経験できる。治療に関して小児外科をはじめとするそれぞれの専門外科の指導のもとに化学療法・手術・放射線治療・各種造血幹細胞移植など集学的治療を習得しうる。また血液・腫瘍専門医による代表的な各種小児がん治療研究会への参加を通じて最新の治療・研究を経験できる。最終目標としては、本学附属病院、及び地域の関連病院において、個別化医療、プレシジョンメディシンに対応可能ながん専門医療人として、地域医療の促進及び後進の育成に貢献しうる。
修了要件・履修方法

コースワーク6単位、リサーチワーク24単位以上の計30単位以上を修得し、必要な研究指導を受けたうえ博士論文を提出し、博士論文の審査及び試験に合格すること

履修科目等

【コースワーク】 新共通特論Ⅰ・Ⅱ、選択必修コース

【リサーチワーク】 講義、演習、実験・実習、研究・論文作成指導

指導体制

【コースワーク】該当科目担当教員、共通特論は関連7大学講義担当教員

【リサーチワーク】内科学第一講座、小児科学講座、外科学講座、脳神経外科学講座、産科学婦人科学講座、放射線科学講座、臨床病理学講座に所属する各大学院教員が担う

ページ上部へ戻る