ホーム > コースの紹介 > 腫瘍外科専門医養成コース

コース紹介

腫瘍外科専門医養成コース

コースの概要

養成する専門分野 腫瘍外科学
修業年月(期間) 4年
コースの履修対象者 原則として初期研修修了者
養成する人材像 大学院4年間で高度な臨床能力と研究能力を併せ持つ、外科医を養成する。膵臓癌をはじめとする難治癌の病態解明を目指す研究で学位を取得するとともに、先進の外科手術手技と先端医療の基礎知識を有するがん専門医を養成する。
当該人材養成により期待される成果や効果(アウトカム) 外科手術手技と研究能力に優れた腫瘍外科医が養成され、がん治療の成績向上に貢献することが期待される。
教育内容の特色等 がんの発生学からがん進展にいたる病理学まで基礎的な知識の集約、基礎研究を経験するとともに、腫瘍外科医としての臨床修練を行う。
修了要件・履修方法

修了要件:がんプロ共通科目を含めた講義8単位、演習8単位、実験・実習16単位の合計30単位、及び大学院における必修講義1単位を履修し、将来腫瘍外科医として必要な基礎的能力を身に着けること。また、がんプロをテーマとした博士論文を提出して、学位審査に合格すること

履修方法:講義、セミナー、外科学講座における実習等

履修科目等 がんプロ共通科目(共通特論Ⅰ、共通特論Ⅱ、SPを用いた職種横断的臨床課題演習、がん緩和医療演習Ⅰ、がん緩和医療演習Ⅱ)、解剖学二(脳構築学)、病理学一(幹細胞病理学)、病理学二(比較病理学)、衛生学(幹細胞生物学)、内科学三(消化器内科学)、外科学、脳神経外科学、腎泌尿器外科学、放射線科学、臨床検査医学

がんプロコース募集ページをご覧下さい。 がんプロコース募集(がんプロ履修制度募集)

ページ上部へ戻る