ホーム > 7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン(連携7大学9学部連携組織)

概要と本学の取り組み

7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン

プランの概要

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン資料

7大学連携個別化がん医療実践者
養成プラン資料

PDFダウンロード(794KB)

平成29年9月に、近畿圏の国公私立7大学9学部の医学、看護学、薬学、理工学系大学院研究科が相互連携し、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人の養成を推進する「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」が、文部科学省 平成29年度研究拠点形成費等補助金事業「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」に採択されました。

近年、多様化するがん医療において直面する新たなニーズや課題への対応が求められています。本プランでは、①ゲノム医療の実用化に向けた課題、②希少がん及び小児がんにおける課題、③異なるライフステージのがん患者に生じる特有の課題をテーマに掲げ、3つのタスクフォース(ゲノム・サイエンス、教育イノベーション、マルチパートナーシップ・アライアンス)が有機的に連携することによって、患者中心の個別化医療を実践できる多職種のがん専門医療人材の養成を目指します。

タスクフォース(TF)

( TF1 )
ゲノム・サイエンス

ミッション

遺伝カウンセラー養成を含めたがんゲノム医療の構築と連携大学間及び産学官共同研究の推進

  • ゲノム情報に基づくがんの個別化医療を実現するための基盤整備等
  • 共同研究による「がんのゲノム情報に基づいたプレシジョン・メディシン」の推進

( TF2 )
教育イノベーション

ミッション

個別化医療を実現するための革新的な教育プログラムの開発の促進

  • 従来の講義にゲノム医療に基づく個別化医療、小児がん・希少がんの医療に必要なプログラムの充実と強化

( TF3 )
マルチパートナーシップ・
アライアンス

ミッション

地域医療機関、自治体・公的機関、各種職能団体、がんサバイバーを含む患者会、NPO法人等との連携・支援体制の強化

  • 小児がん患者・家族に対する医療や支援の提供体制のさらなる強化
  • AYA世代、壮年層、高齢者といったライフステージごとに異なる身体的、精神・心理的、社会的問題等に適切に対応することを目的として、様々な支援や緩和ケアを実践し、ライフステージに応じたがん対策を推進できる多職種の医療人材養成

達成目標

  1. 1. ゲノム医療を実用化するために、遺伝カウンセリング体制を確立し、ゲノム研究の推進及びこれらに係る人材を養成する。
  2. 2. 希少がん及び小児がんを的確に診断し適切に治療できる、病理医を含む専門医及び多職種連携チーム医療を実践できる人材を養成する。
  3. 3. AYA世代、壮年層、高齢者といったライフステージごとに異なる身体的、精神・心理的、社会的問題等に適切に対応できる多職種の医療人材を養成する。

7大学9学部連携組織

  • 関西医科大学大学院医学研究科

    関西医科大学大学院
    医学研究科

  • 近畿大学大学院医学研究科

    近畿大学大学院
    医学研究科

  • 近畿大学大学院薬学研究科

    近畿大学大学院
    薬学研究科

  • 近畿大学薬学研究科

    近畿大学大学院
    総合理工学研究科

  • 大阪市立大学大学院医学研究科

    大阪市立大学大学院
    医学研究科

  • 神戸大学大学院医学研究科

    神戸大学大学院
    医学研究科

  • 兵庫医科大学大学院医学研究科

    兵庫医科大学大学院
    医学研究科

  • 大阪府立大学大学院看護学研究科

    大阪府立大学大学院
    看護学研究科

  • 神戸市看護大学大学院看護学研究科

    神戸市看護大学大学院看護学研究科

本学の取り組み

本学は、平成25年度から本事業の前身の7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン(がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン)に参画し、本格的にがんに特化した専門医療人の養成に取り組み、大学院医学研究科博士課程にがんプロフェッショナル履修制度を導入しました。現在はがんプロフェッショナル履修制度の中に、「地域がん医療発展型臨床腫瘍学コース」、「地域がん医療発展型放射線腫瘍学コース」、「地域医療密着型先進的がん治療学コース」、「希少がん・小児がん挑戦型臨床腫瘍学コース」の4コースを設けています。

各コースに所属する大学院生は、「がんプロフェッショナル特別学生」と言い、昼夜開講制度や長期履修制度(5年)を活用して社会人として業務を行いながら計画的に必要な単位を履修することができます。また、「がんプロフェッショナル特別学生」は、本学設置のリサーチワークに併せて、外部(7大学連携)または学内で開催されるがんプロセミナー・シンポジウムへ参加し、より専門的な知見を広げることができます。

がんプロフェッショナル履修制度
(地域がん医療発展型臨床腫瘍学コース、地域がん医療発展型放射線腫瘍学コース、
地域医療密着型先進的がん治療学コース、希少がん・小児がん挑戦型臨床腫瘍学コース)

平成25年度から本学では大学院医学研究科博士課程がんプロフェッショナル履修制度を導入しています。
当コースを希望する場合は、申請書を出願手続時に申請してください。

対象及び申請書類

一般入試、社会人入試を経て入学した者を対象とし、入学年度4月時点で初期研修を終了していることを条件とします。指導教授の許可を経てがんプロフェッショナル履修申請書を出願手続書類とともに提出してください。(※なお、入学後の当コースへの変更は、申請時に1学年である者に限り認めています。該当者は履修開始を希望する年度が始まるまでに申請してください。)

がんプロフェッショナル履修申請書 Word / PDF

履修内容

履修科目等
<コースワーク> 新共通特論Ⅰ,Ⅱ、選択必修コース
<リサーチワーク> 講義、演習、実験・実習、研究・論文作成指導
履修方法
コースワーク6単位、リサーチワーク24単位以上の計30単位以上を修得し、必要な研究指導を受けたうえ博士論文を提出し、博士論文の審査及び試験に合格すること。

がんプロコース(通常4年制)

コースワーク リサーチワーク
新共通特論Ⅰ,Ⅱ 選択必修コース 講義 演習 実験・実習 研究・論文作成指導
1年 各2単位の計4単位 1単位 2単位以上 2単位以上 16単位以上 4単位以上
2年
3年 (原則履修済み) 1単位 (原則履修済み) (原則履修済み) (原則履修済み)
※4年 (原則履修済み) (原則履修済み) (4学年で更に単位報告可)
4単位 2単位 2単位以上 2単位以上 16単位以上 4単位以上
総計 30単位以上
  • ※4学年は学位論文提出学年であり、本来単位取得は3学年までで完了することになりますが、理由によっては4学年での単位取得も可とします。
  • ※1年間研究・論文作成指導を受ける事によって2単位とします。
  • ※コースワークのうち、受講を必須と定めている講義は、原則2学年までに受講しなければなりません。ただし、収録されたものを視聴の上、レポート提出による履修を認める場合があります。
  • ※新共通特論Ⅰ、Ⅱの単位の修得には、各々3分の2以上の出席を必要とします。
  • ※在学中に当コースに変更した場合の既修得済み単位は継続できるものとしますが、新共通特論Ⅰ、Ⅱに関しては新たに単位修得を必要とします。

がんプロコース(長期履修5年制)

コースワーク リサーチワーク
新共通特論Ⅰ,Ⅱ 選択必修コース 講義 演習 実験・実習 研究・論文作成指導
1年
各2単位の計4単位
1単位
2単位以上
2単位以上
16単位以上
4単位以上

2年
3年
4年 (原則履修済み) 1単位
(原則履修済み)
(原則履修済み)
(原則履修済み)
※5年 (原則履修済み) (5学年で更に単位報告可)
4単位 2単位 2単位以上 2単位以上 16単位以上 4単位以上
総計 30単位以上
  • ※5学年は学位論文提出学年であり、本来単位取得は4学年までで完了することになりますが、理由によっては5学年での単位取得も可とします。
  • ※1年間研究・論文作成指導を受ける事によって2単位とします。
  • ※コースワークのうち、受講を必須と定めている講義は、原則3学年までに受講しなければなりません。ただし、収録されたものを視聴の上、レポート提出による履修を認める場合があります。
  • ※新共通特論Ⅰ、Ⅱの単位の修得には、各々3分の2以上の出席を必要とします。
  • ※在学中に当コースに変更した場合の既修得済み単位は継続できるものとしますが、新共通特論Ⅰ、Ⅱに関しては新たに単位修得を必要とします。

学生募集 がんプロコース募集

関西医科大学 大学院

関西医科大学付属 枚方病院

関西医科大学

ページ上部へ戻る