ホーム > 概要と本学の取り組み

概要と本学の取り組み

7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン
(連携7大学8学部連携組織連携組織)

がんプロフェッショナル推進事業の概要

取組の概要

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン資料

がんプロフェッショナル
養成基盤推進プラン資料

PDFダウンロード(794KB)

本プランは、腫瘍内科学、放射線腫瘍学、がん看護学の教育で実績のある阪神地区の国公私立7大学8学部の医学、看護学、薬学系大学院研究科が相互に連携し、高度ながん診療と研究を実践できる人材養成の基盤整備を実践する「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」として、文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択されました。

本プロジェクトでは各大学の特色を生かしながら、基盤整備のため教育改革、地域医療、研究者養成の3部門を設置し、その実現のために、臨床腫瘍学、放射線腫瘍学、緩和医療学の講座を新設します。また、包括的がんセンターを具現化することで、がん教育拠点としての機能を強化します。さらには、外部からの優れた教授陣を加え充実した教育プログラムを推進することにより、優れた人材育成を目指していきます。

共同申請大学 -7大学8学部連携組織-

  • 大阪市立大学大学院医学研究科

    大阪市立大学大学院
    医学研究科

  • 大阪府立大学大学院看護学研究科

    大阪府立大学大学院
    看護学研究科

  • 関西医科大学大学院医学研究科

    関西医科大学大学院
    医学研究科

  • 近畿大学大学院医学研究科

    近畿大学大学院
    医学研究科

  • 近畿大学大学院薬学研究科

    近畿大学大学院
    薬学研究科

  • 神戸大学大学院医学研究科

    神戸大学大学院
    医学研究科

  • 神戸市看護大学大学院看護学研究科

    神戸市看護大学大学院
    看護学研究科

  • 兵庫医科大学大学院医学研究科

    兵庫医科大学大学院
    医学研究科

本学の取り組み

本事業の取り組みとして、平成25年4月から大学院医学研究科博士課程に、後期研修医を対象としたがんプロフェッショナル履修制度を設け、腫瘍外科専門医養成、地域がん医療貢献型臨床腫瘍学、地域がん医療貢献型放射線腫瘍学、地域医療貢献型先進的がん治療学の4つのコースを導入しました。

各コースでは、昼夜開講制度を活用して必要な単位を履修し、がん薬物療法専門医、放射線治療専門医、がん治療認定医の各資格と学位取得を並行して行うこととなります。この制度の適用者を「がんプロフェッショナル特別学生」といいます。

皆様の応募をお待ちしています。

ページ上部へ戻る