ホーム > 概要と本学の取り組み > コーディネーターからのメッセージ

概要と本学の取り組み

コーディネーターからのメッセージ

関西医科大学 理事長・学長 山下 敏夫

我が国において、がんは死因の第1位を占めています。がん治療の技術は年々向上していますが、診療レベルには地域、病院によって格差があります。また、高齢化社会となっている現代においては、今後は患者やその家族のニーズに応じた在宅ケアが、より多く求められることと思います。そのためには医師だけでなく、看護師、薬剤師、技師等多職種によるチーム構成でサポート体制を完備し、地域連携に基づく在宅緩和ケアを推進していく必要があります。住み慣れた場で、患者やその家族が安心して療養できる医療体制を充実させることが、これからの大きな課題です。

このような状況の中一昨年度、文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に、近畿大学医学部・薬学部、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸大学、神戸市看護大学、兵庫医科大学、そして本学の阪神地区7大学8学部による「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」が採択されました。本事業では、各大学の個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携し、高度ながん診療と研究を実践し、地域医療活動に貢献できる優れた人材育成のための基盤整備を推進しています。

本学大学院医学研究科では、後期研修医を対象に、内科学第一、外科学、放射線科学の三講座と、附属枚方病院のがん治療・緩和センター、薬剤部が連携して、腫瘍外科専門医養成、地域がん医療貢献型臨床腫瘍学、地域がん医療貢献型放射線腫瘍学、地域医療貢献型先進的がん治療学の4つのがんプロコースを、平成25年度から開設しています。各コースでは、外科、がん薬物療法、放射線治療、がん治療認定といったそれぞれの専門医取得と学位取得を目指します。附属枚方病院は、がん診療拠点病院に指定されており、地域医療に貢献できるがんプロフェッショナルの人材育成を推進していくことは、本学にとって大きな意義があり、義務と考えています。

多くの方に事業の取り組みに注目していただき、本コースへ積極的に応募されることを期待しています。

理事長・学長
山下 敏夫

ページ上部へ戻る