専門・認定看護師

 専門・認定看護師

専門・認定看護師会議

関西医科大学附属病院では、様々な分野の知識・技術を持った、専門・認定看護師が活躍しています。各領域の専門性を活かして、臨床現場において看護職員や患者さんに専門的なケアの実施や教育を行っています。

専門・認定看護師の活動は会議でお互いに共有し、さらなる看護の充実を目指して組織横断的に活動しています。

専門・認定看護師の活動

専門看護師(Certified Nurse Specialist)

がん看護 1名

急性・重症患者看護 3名

母性看護 1名

認定看護師(Certified Nurse)

皮膚・排泄ケア 3名

がん性疼痛看護 1名

がん化学療法看護 1名

乳がん看護 1名

感染管理 1名

集中ケア 4名

救急看護 3名

摂食・嚥下障害看護 1名

手術看護 2名

糖尿病看護 1名

慢性心不全看護 1名

認知症看護 1名

不妊症看護 2名

新生児集中ケア 2名

専門・認定看護師の紹介

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師

緩和ケアは痛みや息苦しさ、不安といったがんに伴う心身 のつらい症状を和らげ、患者さんやご家族を支える分野です。わたしは緩和ケアチームの一員として医師や薬剤師、認定看護師たちと共に活動しています。また、医療の中には答えのない問題、例えば患者さんと家族の意向が異なるときにどう対応すべきか!といった事柄に直面することがあります。そのような倫理的問題にも専門看護師の立場から現場とともに取り組んでいます。懸命に闘病する患者さん、またそれを支える家族や医療スタッフに日々力をもらっています。

佐久間(がん看護 専門看護師)

急性・重症患者看護専門看護師

急性・重症患者看護専門看護師

患者看護では、急な疾病によって患者役割を強いられた、その人のLifeworldにできるだけ早く復帰できるようにすることを目標に、少なからず喪失した自己概念を再構築できるよう、その人らしさや強みを活用できるように支援しています。その為に、救急搬入時から手を握り安心感を提供しながら、コントロール感を維持できるように働きかけます。

また、家族看護では、患者の支援をする共同者として役割を遂行できていると家族が実感できるように、患者の手を握ってもらうことから支援しています。

徳山(急性・重症患者看護 専門看護師)

認知症看護

認知症看護

認知症看護認定看護師の役割は、認知症者の意思を尊重し権利を擁護すること、認知症の発症から終末期まで認知症者の状態像を総合的にアセスメントし、各期に応じたケアの実践・ケア体制づくり・介護家族のサポートなどがあります。

現在毎週木曜日午後にもの忘れ看護外来で、認知症を抱えながらも生活されている本人やご家族に対して、日常生活の中での具体的な相談や社会的サポート資源の紹介をしています。普段は神経内科・呼吸器内科外科病棟で勤務すると共に、月2回は一般病棟に入院されている認知機能障害患者に対する夜間ラウンドを行い、患者さんやご家族が安全で安心した療養生活を過ごしていただくための環境づくりに取り組んでいます。また、看護師の相談にも応じています。

植(認知症看護 認定看護師)

手術看護

手術看護

手術を受ける患者さんが、安心して手術を受けられるように、手術における身体侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理に取り組んでいます。また、スタッフに対して、手術看護の専門性を高めるために、年間を通して学習会を企画・実施するなどといった教育的な活動にも取り組んでいます。

空(手術看護 認定看護師)