12N病棟スタッフ

 12N病棟

部署の紹介

12N病棟は、内分泌科・放射線科・消化器外科の3科からなる混合病棟で、慢性期から急性期、終末期までの様々な患者さんが入院されています。

多職種と連携しながら、日常生活指導や術後の看護、緩和ケアを行っています。

12N病棟スタッフ2

部署の概要

病床数:
48床
診療科:
内分泌科、放射線科、消化器外科
主な疾患:
糖尿病(Ⅰ型・Ⅱ型)、バセドウ病、咽頭癌、腎癌、食道癌、胃癌、十二指腸癌、胆嚢癌、膵臓癌、大腸癌、S状結腸癌、直腸癌

主な看護

  1. 糖尿病患者に対する療養支援
  2. 血管造影検査、動脈塞栓術前後の看護
  3. 放射線療法、化学療法を受ける患者に対するセルフケア支援
  4. がん患者の緩和ケアや終末期看護、在宅療養に向けての患者・家族指導
  5. 消化器外科術前・術後の看護(胃癌手術後患者に対する食事指導、ストーマ造設患者に対する自己管理指導)

部署の特徴

質の高い看護を提供できるようチーム医療に取り組んでいます。糖尿病患者さんに対しては、週に一回多職種でカンファレンスを開催し、療養支援を行っています。また、放射線療法を受けている患者さんの症状マネジメンを行いケアを実践し、がん患者さんに対する緩和ケアにも力を入れています。

ここで働き経験を積めば糖尿病療養指導士や糖尿病看護・がん放射線療法看護・がん性疼痛看護認定看護師の資格をとるのも夢ではありません。

12N病棟スタッフ3