血液浄化センタースタッフ

 血液浄化センター

部署の紹介

血液・腹膜透析導入や、各種治療を目的に入院される患者さんの維持透析を主に行っています。また、血液・腹膜透析導入、術前後の急性期から慢性期にわたり、安全に透析治療が受けられるように医師・ME・その他コメディカルと協力して治療をしています。各アフェレーシスなどの特殊治療にも力を入れています。

患者さんのCKDに対する意識向上と主体的な透析治療の選択をコンセプトに地域医療に貢献できるように支援しています。

部署の概要

ベッド数:
10床

主な看護

さまざまな治療目的で入院された患者さんの看護を病棟と連携し、切れ目なく行い、維持透析の管理を行っています。また、血液・透析導入し維持透析や在宅への移行がスムーズにいくように、指導を行っています。腹膜透析外来やCKD(慢性腎臓病)外来も血液浄化センター内で行っています。集団指導や個別指導を患者に応じて行っています。

血液浄化センター写真