NICUスタッフ

 NICU

部署の紹介

NICUは、総合周産期母子医療センター及び小児医療センターに属しており、在胎週数22週以降の超早産児から、疾患を持っている赤ちゃんが対象です。他科と連携し、院内で出生された赤ちゃんだけでなく、院外出生の赤ちゃんの救急搬送も受けています。

NICUスタッフ

部署の概要

病床数:
27床(NICU:12床,GCU15床)
診療科:
小児科、小児外科、小児脳神経外科、小児心臓外科、耳鼻咽喉科、形成外科、眼科など
主な疾患:
早産児、低出生体重児、呼吸障害、消化器疾患、先天性心疾患、感染症、黄疸、染色体異常、分娩時外傷など
NICUスタッフ

主な看護

NICUでは、入院となった赤ちゃんの状態に合わせて、光や音の環境を整え呼吸や循環に影響のないよう細やかな優しい看護に努めています。 GCUでは、状態の安定してきた赤ちゃんの成長、発達促進へのケアや退院に向けてご家族とともに育児を行っています。また、長期入院の後方病床としてこども病棟とも協力しています。

NICUスタッフ

部署の特徴

赤ちゃんからのサインをキャッチし、反応をみながらのケアを心掛けています。また、ご家族が赤ちゃんとの関係性を築けるように育児支援や24時間面会を実施しています。赤ちゃんの成長・発達をご家族とともに見守り喜びを感じられる病棟です。入院時から医師、臨床心理士、理学療法士、ソーシャルワーカー等の他職種や地域の保健センター等と連携を取り協働しながら赤ちゃんとそのご家族を支援しています。

NICUスタッフ