手術室スタッフ

 手術室

部署の紹介

当手術室では、全身麻酔・区域麻酔・局所麻酔下に行われるすべての手術を受け入れています。平成27年の全手術症例数は約10,000例、麻酔科管理症例は約5,500例でした。医師・看護師だけでなく薬剤師や臨床工学技士・放射線技師・看護助手・事務職員などが、手術で使用するための薬剤管理や器械・機器の整備、診療材料の準備・提供、迅速で確実な検査・撮影など多職種が協力してチーム医療を行っています。

手術室スタッフ

部署の概要

手術室数:
18室
診療科:
脳外科・整形外科・心臓血管外科・ 消化器外科・腎泌尿器外科・女性診療科・小児外科・耳鼻咽喉科・形成外科・乳腺外科・眼科・歯科口腔外科

主な看護

高度救命救急センター機能を担う当院の特徴から、手術リスクの高い患者さんや高度な技術を必要とされる手術をうける患者さんもおられます。そのような患者さんにも安全・安楽な専門的医療を提供することができるように手術室環境を調整しています。

手術室スタッフ

部署の特徴

手術を受ける患者さんは、年齢や疾患が多岐にわたる為、専門的知識や技術が必要となります。手術室看護師は術中看護だけでなく、術前外来や術前・術後訪問を行い、患者様が安心して手術に臨むことができるよう看護を提供しています。