外来スタッフ

 外来

部署の紹介

外来部門は、46診療科と、中央部門として化学療法センター、内視鏡センター、IVR(アンギオ室)を担当しています。

主な看護

各診療科の専門性が高いため、高度な専門知識が必要となります。診察介助や検査説明や処置介助を中心に、外来は在宅療養を支える要となるため、地域包括システムを見据えた、患者個々に応じた介入を行っています。入退院支援に力を入れており、入院前から退院後の生活をふまえた介入が行えるように体制整備を行っています。

外来看護師スタッフ

部署の特徴

外来は、約90名の大所帯で、ママさん看護師が大半を占めており、子育てとの両立に奮闘しています。病棟に比べ、年齢層はやや高めですが、元気に、はつらつと、若々しく仕事を行っています。ワークライフバランスへの取り組みから、非常勤職員(パート)の採用も積極的に行っています。

外来看護師スタッフ