教育委員会

年間目標

1.看護実践能力の向上のために、Off-JTとOJTの連動を強化する
2.クリニカルラダーに基づいた教育計画の企画・運営・評価を行い、キャリア開発を支援する
3.各施設の実習要綱に沿った臨地実習指導が行えるように、学校と臨床との連携を強化する
4.教育担当者、実地指導者、臨地実習指導の研修修了者の育成を行う

看護研究委員会

年間目標

1.管理者が看護研究の知識・技術を習得できるように支援する
2.スタッフが精度の高い看護研究に取り組めるように管理者を支援する

固定チーム委員会

年間目標

1.固定チームの看護体制を強化し、チーム活動を支援する
2.日々のマネージャーの育成を支援し、マネージメント力を強化する

記録・パス委員会

年間目標

1.入院目的に沿った看護計画の立案を行い、看護診断に沿った看護記録ができる
2.継続看護・情報提供ができる看護サマリーを記載できる
3.アウトカム評価が行えるようにする

医療安全対策委員会

年間目標

1.リンクナースが部署内の安全推進に向けた活動ができるように支援する
2.手順・基準を遵守して、確認不足によるインシデントが昨年度より減少する

感染対策委員会

年間目標

1.吸引時の感染防止策を理解し実践できるよう支援する
2.6つの手指消毒のタイミングを理解し実践できるよう支援する
3.擦式手指アルコール剤の使用量の増加(200ml)を目指す
4.インフルエンザ流行時の予防対策の徹底を支援する

褥瘡委員会

年間目標

1.褥瘡発生率0.8%以下を目指す
2.アセスメント力、実践力の強化を図り、治癒率80%とする

退院支援WG

年間目標

1.早期に退院を見据えた看護が実践できるよう、退院支援に関する看護師の実践力、アセスメント力を強化する
2.訪問看護ステーションおよび、院外の多職種との連携を深めた退院支援が実践できるよう支援する

緩和ケアWG

年間目標

1.緩和医療において全人的な症状の観察・アセスメントができるように支援する
2.患者・家族の思いを引き出し、意思決定支援ができるように強化する
3.緩和ケア介入依頼患者が増加する(各部署、昨年度より20%増加)

リエゾンWG

年間目標

1.せん妄患者・認知症患者の違いから看護介入できるように支援する
2.認知症・せん妄のスクリーニングシートを作成し、活用できるようにアセスメント力・実践力を強化する

NST委員会

年間目標

1.ゴールを見据えたアセスメント能力の向上を支援する
2.自部署の特徴を捉えた患者の選出ができるように支援する