教育委員会

年間目標

1.看護実践能力の向上のために、Off-JTの研修内容を理解し、OJTと連動できるように支援する
2.専門性の高い看護実践能力を育成するために、新クリニカルラダーに基づいた部署別ラダーが活用できる
3.看護実践支援部門と連携し、教育担当者、臨地実習指導者、実地指導者、シスターの育成を行う

業務委員会

年間目標

効率的で生産性の高い働き方を進めるために、働き方改革について全スタッフが理解できる

固定チーム委員会

年間目標

1.応援機能、共同業務の作成及び業務手順作成に参加することができる
2.固定チームナーシングの日々の役割を明らかにし、全スタッフが固定チームナーシングを再認識することができる

看護記録委員会

年間目標

「看護記録に関する基本方針」(日本看護協会発行)に則って、個別性を捉えた正確な看護記録ができるよう支援する

医療安全委員会

年間目標

手順基準の非遵守や、認識不足が原因となるインシデントを減少させる

感染対策委員会

年間目標

1.手指衛生の必要な6つのタイミングを周知し、実践できるように支援する(アルコール使用量1人500ml/月)
2.標準予防策と感染経路別予防策を周知し、実践できるよう支援する(2018年度のガウン・手袋使用量より増加する)

褥瘡委員会

年間目標

1.褥瘡発生率を前年度より30%減少する
2.入退院支援を活用し、早期からの褥瘡発生予防策が実践できるように支援する
3.創傷評価が適切に実施され、患者の個別性に応じたケアが計画的に実践できるように支援する

退院支援WG

年間目標

患者、家族の意思を尊重した円滑な退院支援ができるよう支援する

緩和ケアWG

年間目標

1.緩和医療について理解し、チーム依頼ができる
2.緩和ケア患者の看護計画・看護記録が充実する

リエゾンWG

年間目標

1.せん妄ハイリスクまたはせん妄症状の患者、認知症または認知機能の低下した患者に対して、個別性に合わせた看護計画を立案し、看護をを実践することができるように支援する
2.身体的拘束廃止に向けて、医療安全管理マニュアルの行動制限を遵守できるように支援する

NST委員会

年間目標

1.歯科医師と連携し、患者の個別性に応じた安全な食環境の提供が行えるシステムの構築を行う
2.摂食・嚥下評価が適正に実施できるアセスメント能力の向上を支援する