入局・研修希望の先生

トップページ > 入局・研修希望の先生 > 当科での後期研修(産婦人科専門研修)について

当科での後期研修(産婦人科専門研修)について

当講座では出身大学に関わらず、後期研修医の先生を広く募集しています。2年間の卒後臨床研修ののち、3年後の産婦人科専門医取得を目指して、周産期・婦人科・生殖医療すべての専門領域の研修を万遍なく網羅できる体制となっています。3年後の専門医取得後も継続して勤務することも可能です。

周産期部門

近畿圏で初めて認定された総合周産期母子医療センターとして、数多くのハイリスク症例を扱っており、高度な周産期医療を研修することができます。一方で大学病院でありながら一般の分娩件数も多く、正常妊娠・分娩を管理し、母体、胎児の切迫した危険性を把握して対応できる能力を身に付けることが可能です。

婦人科部門

良性疾患では単純子宮全摘術などの開腹手術、卵巣腫瘍などの腹腔鏡下手術の執刀医ができるようになります。また当院はがん診療拠点病院であり、数多くの婦人科悪性腫瘍の症例が集まります。手術を含めた総合的管理や化学療法、放射線治療はもちろん、緩和ケアチームとの連携も良好で婦人科悪性疾患における総合的な研修ができます。また当科には全国的にも貴重な存在である日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医が指導医としており、系統的な腹腔鏡手術の研修が行えます。

生殖補助医療(ART)部門

当院には腎泌尿器外科と共同管理している生殖医療センターがあります。産婦人科、腎泌尿器外科の生殖医療専門医のみならず、不妊認定看護師、胚培養士から構成されているチームで最新の治療を行っています。大規模病院では手薄になりがちな生殖医療部門の研修も、当院では十分に対応することが可能です。

お問い合わせ先

3年後の専門医取得後も継続して勤務することも可能です。
当科での研修のご相談は下記までご連絡下さい。

教授の挨拶

当院で出産をお考えの方へ

関西医科大学付属 滝井病院

関西医科大学付属 滝井病院

関西医科大学

関西医科大学付属 枚方病院

ページの先頭へ

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 産科学・婦人科学講座

電話 072-804-0101(病院代表)
FAX 072-804-0109

Copyryight © Department of obstetrics and gynecology,Kansai Medical University All rights reserved.