患者の皆さま

トップページ > 患者の皆さま > 当院で出産をお考えの方へ

当院で出産をお考えの方へ

妊娠おめでとうございます。当院ではリスクのない妊産婦さまも積極的に受け入れています。

LDR室を2室設け、合併症のない正常妊産婦さまに対しても満足度の高い施設を目指しています。

また、認定専門助産師・看護師を中心に、質の高い看護を提供できるよう努力しています。

ご希望に応じて産科麻酔チームと共同で無痛分娩をしています。

合併症のない正常妊産婦さまに対しては全例に助産師外来を受診していただき入院後に安心して満足のいく分娩に望める体制をとっています。

胎児心拍モニタリングは集中監視システムを採用しており、分娩進行中の患者さまのみならず母体搬送で入院した患者さまから外来の定期健診で受診した患者さままで、産科病棟、MFICU(母体胎児集中治療室)病棟、スタッフルームなどへ配信し集中監視することでより安全性を高める工夫を行っています。

周産期母子医療センターのMFICU(母体胎児集中治療室)およびNICU(新生児集中治療室)では産科、小児科、小児外科、小児脳神経外科、胸部心臓血管外科、麻酔科、形成外科などとの緊密な連携により、母体のみならず胎児や新生児に最新の先進治療を実現すべく、集学的な周産期管理を行っています。

各科の協力を得て、胎児の画像診断による出生前診断についても積極的に行い、出生前診断を行うことで出生後の児への対応を事前に確認し、より安全な対応が可能となっています。

2014年の総分娩数は788件であり増加傾向です。うち、近隣病院からの紹介によるものが512件でした。

TOPICS

  • 無痛分娩が2015年9月に新体制になりました
    以前より無痛分娩をおこなっておりましたが、2015年9月から産科麻酔の専門医師チームによる、より安全で有効な無痛分娩ができる体制になりました。
  • 出生前診断
    臨床遺伝専門医による遺伝カウンセリングのあと、希望者の方に妊娠初期の出生前診断法として母体血清マーカーと胎児超音波検査を組み合わせた胎児染色体異常のリスク評価を行っています。
    その他、妊娠中期以降には超音波検査よる胎児の形の異常をみる超音波スクリーニング検査や妊娠16週以降には羊水染色体検査を行っています。

初めて受診される方へ

妊娠かな?と思ったら、当院の外来へお電話下さい。

初診時のお持ちいただくもの

初診時の流れ

保険証、基礎体温表や月経周期のメモなどがあればご持参ください。

当院で里帰り分娩をご希望の方へ

  • 妊娠16週までに一度初診していただき、分娩予約をお取り下さい。
  • 帰省の時期は、原則的に34週頃とさせていただきます。
  • 当院での受診の際には現在通院中の病院からの紹介状を必ずお持ちになり、受付に提出して下さい。都合で帰省されることがあれば、その時に受診されても結構です。

病棟案内

 診察室

病室(4人部屋)

病室(個室)

 陣痛室

 分娩室1

 分娩室2

 LDR

LDRは陣痛分娩室 Labor Delivery Recorvery の略です。

通常、(陣痛室)→「分娩室」→「病室」と移動しますが、LDRは移動せずにすみ、リラックスして分娩することができます。また、お子様の立ち合い分娩もLDRではできます。

 NICU(新生児集中治療室)

分娩室の横にあり、緊急時には新生児専門の先生方にすぐに診ていただくことができます。

 手術室直通エレベーター

母児ともに緊急時には手術室直通エレベーターで直接手術室に降りることができます。

ベビールーム

お祝い膳

教室のご案内

助産師による外来のご案内

料金について

妊娠中に知りたいこと

教授の挨拶

当院で出産をお考えの方へ

関西医科大学付属 滝井病院

関西医科大学付属 滝井病院

関西医科大学

関西医科大学付属 枚方病院

ページの先頭へ

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 産科学・婦人科学講座

電話 072-804-0101(病院代表)
FAX 072-804-0109

Copyryight © Department of obstetrics and gynecology,Kansai Medical University All rights reserved.