病院紹介

HOSPITAL

関西医科大学附属病院

関西医科大学附属枚方病院

関西医科大学附属病院は、京阪電鉄枚方市駅から徒歩約3分の利便性と淀川河川公園に面した緑豊かな環境を兼ね備えた大学病院です。関西医科大学リハビリテーション科専門研修プログラムにおいて、リハビリテーション科専門医育成のための基幹研修施設(中心的役割を果たし、研修が必須である施設)に位置付けられています。あらゆる身体的なリハビリテーションについて全身管理のもとでの早期リハビリテーション介入を行っていますが、当院の特色としては、歩行などの動作を解析する装置を使用した客観的機能評価や研究、tDCS(経頭蓋直流電気刺激)やIVES(随意運動介助型電気刺激装置)などを用いた麻痺や高次脳機能障害の治療、リハビリテーション・ロボット技術の開発などに取り組んでいることです。リハビリテーション科医師5名、療法士32名で、体制的拡充を進めています。

関西医科大学附属病院ホームページ

関西医科大学総合医療センター

関西医科大学総合医療センター

関西医科大学附属滝井病院(現:総合医療センター)リハビリテーション科は、平成11年4月に附属病院の院内再編時に整形外科・理学/作業療法室が総合リハビリテーションセンターとなった際に標榜されたのが始まりです。平成18年1月に附属枚方病院(現:附属病院)開院して大学本院機能が附属枚方病院に移った後も附属滝井病院(現:総合医療センター)リハビリテーション科として診療が行われ、平成19年11月に診療部に昇格しました。
日本はかつて経験したことのない高齢社会を迎えています。このような状況でリハビリテーション医学が社会に貢献できることは、患者さん(障害者や高齢者を含めて)の機能低下を最小限にとどめ、出来る限り早期に機能回復を図ることです。当科では、早期から十分なリハビリテーション医療が供給できるように心がけ、患者様の疾患・障害・能力・環境をトータルに考えたリハビリテーション医療を実践したいと考えています。
主に、脳血管疾患、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患(脊髄損傷、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症等)、骨・関節疾患(骨折、靱帯損傷、変形性関節症、関節リウマチ等)、切断、外傷後や外科手術術後(運動機能、呼吸機能、嚥下機能障害、高次脳機能障害等)、がん、小児疾患(脳性麻痺など)、廃用症候群に対してリハビリテーションを行っています。乳癌術後のがんのリハビリテーションや心臓外科術後の心臓リハビリテーションにも介入しています。

関西医科大学総合医療センターホームページ

関西医科大学香里病院

関西医科大学香里病院

関西医科大学香里病院は、平成22年7月に病院リニューアルとともにスタートしました。
整形外科医の指示のもと、手の骨折や手指腱断裂などの骨・関節疾患のリハビリを特記すべきものとして行っております。他には内部障害、廃用症候群、がんのリハビリを主として行っております。リハビリテーションにおいて、地域完結型医療に貢献することを目的にしております。
スタッフはPT4名、OT2名、ST1名です。平成28年4月にオープンした関医訪問看護ステーション・香里にもスタッフを派遣し、地域のシームレスなリハビリテーション医療の実現にも取り組みます。

関西医科大学香里病院ホームページ

医局員からのメッセージ

関西医科大学

関西医科大学附属病院リハビリテーション科

関西医科大学総合医療センター リハビリテーション科

関西医科大学香里病院リハビリテーション科

大阪府医療人キャリアセンター