【教育目標】

1.看護専門職業人としての知識・技術の向上に努め、優れた看護実践能力を養う。
2.より質の高い看護を行うために、看護職員1人ひとりが目標を明確にして、主体的に能力開発できる。
3.看護者の倫理綱領に基づき、相手を尊重した心豊かな医療サービスを提供できる。

【教育プログラム】

関西医科大学総合医療センター看護部では、充実した教育プログラムで、個々の看護師の可能性を信じて、キャリアアップを支援します。

【看護部教育年間プログラム・ラダー】

※レベルⅠは新人看護職員研修をご覧ください。

クリニカルラダー

看護職員として段階を踏んで臨床看護実践能力を高めていくことを目的に、クリニカルラダーを用いた能力開発に取り組み、看護職員一人ひとりを支援しています。
→クリニカルラダーはこちら(PDF)

新人看護職員支援体制
○新人看護職員研修内容
○新人看護職員研修風景
シスター交流会

病院探検

看護記録

オーダリング教育 PCは得意です


感染対策研修

感染予防技術 おこしません針刺し事故


食事援助技術

食事援助技術 食事介助・経管栄養法


看護技術研修

呼吸・循環を整える技術 吸引


褥瘡研修

創傷管理技術 ポジショニングトランスファー


リフレッシュ研修

ストレスヘルスケア 心も身体もリフレッシュ


救急看護研修

救命救急処置技術 フィジカルアセスメント


救急看護技術

救命救急処置技術 BLS研修


安全研修 安全確保の技術

多重業務シミュレーション研修


修了式