【感染管理】認定看護師

竹之内 春美  病棟 師長
藤井 由美子  感染制御部 副師長

防げる感染を防ぐ!

感染対策の目的は、医療関連感染のリスクを低減することと、感染の拡大を防ぐことです。感染管理認定看護師は、ICT(感染制御チーム)の医師・薬剤師・臨床検査技師がチームワーク良く活動できるよう調整役も担っています。 主な活動は、マニュアル作成や、院内をラウンドし感染対策の実践状況を確認、職種別の教育を行っています。特にブラックライトなどを用いた手指衛生の演習は、「手洗いの不十分さが自覚できる」と好評を得ています。

【糖尿病看護】 認定看護師

村内 千代 病棟 副師長
大久保 縁 外来 看護師

療養支援を中心に看護力を発揮

糖尿病は生涯にわたって付き合っていく病気です。糖尿病の患者さんが、合併症に邪魔されることなく自分らしい人生を送れるようにお手伝いができたらと取り組んでいます。
当院では、糖尿病診療チームやフットケアチームにも所属し、外来・病棟と横断的な活動を行っています。

【皮膚・排泄ケア】 認定看護師

河内 由紀  外来 副師長
辻本 望   褥瘡対策室 看護師

スキンケア”協力”コンビです!

  創傷(床ずれや手術の傷など)、ストーマ(人工肛門や人口膀胱・膀胱ろうなど)、失禁(便や尿が漏れる)などの方を対象に専門的なケアを提供しています。これらのすべては皮膚に関わっており、スキンケアの専門家としてケアの提供を行っています。また、患者さんが安全で安心な入院生活・日常生活を過ごせることを目標に、一緒に考えサポートできるよう日々頑張っております。
さらに医療スタッフへの指導・相談を通して、院内全体の看護の質向上を目指し活動しています。

【緩和ケア】認定看護師

三頭 佐知子  病棟 副師長
文岡 礼雅   緩和ケアチーム 看護師

その人らしさを大切に

緩和ケアは、いのちをおびやかす病気にかかられた患者さんが抱える様々な問題をできるだけ和らげ、患者さんと家族の生活の質を高めることを目標としています。また、がんと診断された時から、「治療」と共に「緩和ケア」を受けることが大切だと言われています。がんと共に生きることは、難しい選択の連続でもあります。そのため、治療方法や療養場所の選択において、一緒に考えながら意思決定をサポートしています。また、スタッフの相談に応じ、看護の質の向上に努めています。緩和ケアチームの一員として苦痛緩和を目的とした病棟巡回や退院された患者さんとご家族を緩和ケア外来で継続的にサポートする取り組みも行っています。

【救急看護】認定看護師

神殿 享子   病棟 看護師
光峰 登紀子  病棟 看護師

限られた時間で最善の看護ケアを

救急看護は、時間、場所、年齢などに関係なく予期せぬ疾病・外傷の方とその家族が対象となります。病態の緊急度・重症度に重点を置き、障害を最小限にとどめられるように医師やコメディカルと協力し最善の看護ケアを提供に努めています。院内では、呼吸ケアチーム、災害チームの一員として活動を行っています。スタッフ指導では、救命技術やフィジカルアセスメントの勉強会を開催し、看護の質の向上に取り組んでいます。

【摂食・嚥下障害看護】認定看護師

相地 知子  病棟 看護師

「食べたい」を支える

摂食・嚥下障害は、普段、私達が当たり前のように行っている食べる、飲むといった行為に障害をきたすことで、疾患によるものや加齢、発達障害に伴うものなど原因は様々です。「食べること」は、生命を維持するだけではなく「味わう楽しみ」や「家族や友人とのコミュニケーション」でもあり、QOLにも深く関わります。失われた食べる機能を取り戻した時の喜びは計り知れないものがあります。一人でも多くの方の「食べたい」という思いを支えられるよう、NSTチームの一員として回診にも参加し、他職種と共働しながら活動しています。

【がん化学療法看護】認定看護師

荒堀 広美   外来 看護師

患者さんの治療継続を支える

がん化学療法の分野では、抗がん剤治療を受ける患者さんの看護を行います。抗がん剤治療を安全・確実に実施できるように投与管理を行っています。また、患者さんの副作用症状の予防・対処、セルフケア支援に取り組んでいます。その他、外来のみならず化学療法を受ける患者さんの意思決定支援や経済的な問題を含めた相談に応じ、治療ができるような関わりに努めています。化学療法分野では、薬の開発も進み様々な新薬が登場しています。私たち医療者も専門的知識をもって患者さんにお答えできるように日々努力しています。

【がん性疼痛看護】認定看護師

佐伯 久美子  病棟 看護師

患者さんの痛みに向き合う

がんに伴う痛みは長期化すると身体的な痛みだけでなく、こころの痛み(つらさ)も伴ってきます。痛みに囚われて食事が楽しめない、気分がふさぎがちになる等その人らしい日常生活を送れないこともあります。患者さんが抱える痛みやつらさに対して、医療用麻薬などの専門的な知識と疼痛緩和技術を活かし、少しでも緩和し穏やかな生活を送っていただけるように努めています。緩和ケアチームの一員として、多職種で入院中の患者さんに関わり、身体的痛みだけではなく、心のつらさも和らげられるように取り組んでいます。

【集中ケア】認定看護師

濱田 直子  病棟 看護師

退院後のQOLを見据えた看護ケアを

ICU・CCUに入室される患者さんとその家族は、身体的、精神的にも危機的状況にあります。急性期の看護の質は、その後の患者さんの予後、QOLに大きく影響します。そのため、安全や安楽を確保しながら、的確なフィジカルアセスメント、エビデンスに基いた看護ケアを提供することが求められます。そして、多職種、他部署と積極的にコミュニケーションを図り、チーム医療を提供していくことが必要です。患者さんとその家族の擁護者となり、そして重症化の回避、早期回復を目指し、1日でも早くその人らしいQOLが取り戻せるよう活動していきたいと考えています。

【認知症看護】認定看護師

佐藤 幸代   病棟 副師長

その方の思いを支える

認知症の方は、新しいものごとを記憶しにくく、思い出すことも難しくなってきます。認知症の方にとって病院という日常と違った環境で治療を受けることは想像以上に大きなストレスとなります。また、「自分でできるという思い」と「できないという現実」の中で葛藤し、不安や混乱を招き、認知症の行動・心理症状(BPSD)につながってしまう場合もあります。認知症の方の心のつらさに寄り添い、安心して治療が受けることができるように、精神科リエゾンチームの一員として、病棟巡回し認知症の方の代弁者となれるように活動をしています。