教授挨拶

皮膚科学は一般に考えられているよりも奥が深い分野で、疾患の種類もきわめて多く存在し、診断・治療の面では、内科学、外科学、病理学的な要素を持つ科と言えます。たとえば、皮膚の症状から内臓の悪性腫瘍や代謝性疾患、免疫アレルギー疾患、血液疾患などを発見することも珍しくありません。膠原病の早期診断や治療も皮膚科で行います。当教室ではすべての皮膚疾患に最新の治療法で対応できるように努力しておりますが、とくに、アレルギー・炎症性皮膚疾患、光線過敏症、サルコイドーシス、乾癬、膠原病、皮膚悪性腫瘍などの診療に力を入れています。標準治療に抵抗性の種々の疾患に対する光線療法、乾癬の生物学的製剤治療、サルコイドーシスの診断・治療に関しては日本で屈指の施設です。
皮膚は生体を守る保護機能として構造的な働きを持つとともに免疫学的にも重要な働きをしています。そして、皮膚の免疫反応を考える上で、紫外線やアレルギー物質に対する反応を理解する必要があります。診療面で力を入れ当講座の特色となっているサルコイドーシスなどの肉芽腫性疾患、アレルギー性疾患、光線治療と光線関連疾患、膠原病に関して臨床に還元できる研究を行っています。
当教室の研究テーマは、
1) 肉芽腫における単球系細胞由来の類上皮細胞、多核巨細胞の誘導・同定。
2) 炎症性疾患における単球亜群の役割。
3) サルコイドーシスの病態におけるリンパ球の関与、および診断・病勢把握における各種血清マーカー測定の意義の検討。
4) NOD2遺伝子変異によって肉芽腫をきたす機序の解明。
5) 膠原病の病態に果たすT細胞の役割の解析。
6) 表皮内メラノサイト陽性ヒト皮膚色マウス(特許4406696)を用いた紫外線の表皮、真皮成分に対する影響の検討。
7) 好塩基球刺激試験を用いた即時型アレルギー反応の病態解析。

アレルギー・炎症性疾患を中心とした一般皮膚科学に興味のある医師はもちろんのこと、皮膚の面から内科的疾患にとり組んでいきたい、あるいは外科的治療を積極的にやっていきたい、研究を行い臨床に生かしたい、などを希望する医師に皮膚科は向いています。そのような多面な要望を受け入れられるのが皮膚科学であり、当教室は、「教室員の将来展望に沿って、長所・能力を伸ばす教室作り」をモットーにしています。

関西医科大学 皮膚科学教室 教授 岡本 祐之