業務委員会

年間目標

1.安全な看護を提供するためにマニュアルを整備し、看護の標準化を目指す
2.チーム力を高めるために、日々に求められるマネジメント能力を明らかにする

医療安全委員会

年間目標

1.手順基準を遵守できるように支援する(手順基準に関連するインシデントの減少)
2.全ての患者の呼吸回数を測定し、記録できるように支援する(記録率80%)

感染対策委員会

年間目標

1.手指衛生の必要な6つのタイミングと標準予防策+感染経路別予防策の実践と、PPEの着脱が正確にでき院内感染予防(新型コロナウイルス・多剤耐性菌等)ができる
2.感染予防策について患者家族に説明でき、記録ができる
3.針刺し・切傷・血液暴露事故が昨年度より減少する

記録・パス委員会

年間目標

1.看護記録マニュアルの改訂版作成と周知活動ができるよう支援する
2.入院目的や患者の問題点に則った看護計画が立案されるよう支援する
3.タイムリーな看護記録の推進に向けた活動を支援する
4.アウトカム評価ができるクリニカルパスの導入を支援する
5.用語の統一に向けた3病院間の情報を提供し、活用できるよう支援する

入退院支援委員会

年間目標

1.入退院支援マニュアルに沿って各部署が患者の入退院支援を実施できるように支援する
2.患者が安心して住み慣れた地域で療養や生活を継続できるように、病棟と外来の看護師間の連携を強化する

教育委員会

年間目標

1.専門性の高い看護実践能力を備えた人材育成のために、3密を避けた研修スタイルに変更しながら教育年間プログラムの目標が達成できるように、研修を実施・評価できる
2.看護実践能力の向上のために部署の教育責任者と連携を図り、OJTの強化を支援する(教育担当者・実施指導者・シスター)

看護研究委員会

年間目標

1.管理者が看護研究の知識・技術を習得できるように支援する
2.部署の課題を研究テーマとして取り組めるように管理者を支援する

質向上WG

年間目標

専門性の高い看護が提供できるように支援する

せん妄・認知症ケアWG

年間目標

1.せん妄ハイリスクまたはせん妄患者、認知症または認知機能低下患者に対し、個別性に合わせた看護計画を立案し、看護実践することを支援する
2.倫理原則に基づき、身体的拘束廃止に向けカンファレンスで評価できるように支援する