トピックス

トップページ > トピックス > 腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の先進医療を2016年3月より開始しました。

腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の先進医療を2016年3月より開始しました。

2016年(平成28年)3月1日より腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の先進医療を開始しました。先進医療分の患者負担は約50万円です。これに保険診療分の自己負担額(通常は高額医療費控除が適応されて約10万円)が必要になります。

教授の挨拶

当院で出産をお考えの方へ

関西医科大学総合医療センター

関西医科大学香里病院

関西医科大学

関西医科大学附属病院

ページの先頭へ

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 産科学・婦人科学講座

電話 072-804-0101(病院代表)
FAX 072-804-0109

Copyryight © Department of obstetrics and gynecology,Kansai Medical University All rights reserved.