チーム医療での薬剤師チーム医療での薬剤師

チーム医療での薬剤師チーム医療での薬剤師

Team medical care

感染制御チーム(ICT)

ICTは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師など様々な職種から構成されており、感染症から患者・家族及び医療従事者を守るために活動しています。
~薬剤師は主に感染症の発生動向や、抗菌薬の使用状況などを把握し、抗菌薬や消毒薬の適正使用を推進しています~

感染制御チーム(ICT)

栄養サポートチーム(NST)

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士でチームを構成し、各病棟でカンファレンスを実施し、患者さんの栄養状態を評価して適切な栄養療法の提案を行います。
~薬剤師は病態を考慮して、薬学的視点から栄養投与経路の選択や静脈・経腸栄養療法における処方支援に関与しています~

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チームでは皮膚科医、形成外科医、看護師、薬剤師、管理栄養士でチームを構成しており、週1回の回診を行い、最善の治療やケアができるよう関わっています。
~薬剤師は、外用薬やドレッシング材の適正使用を推進しています~

緩和ケアチーム

緩和ケアチームでは、介入依頼があった患者に対し、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカー等多職種で情報を共有し、苦痛症状を緩和するための最適な方法を検討します。
~薬剤師は、薬物療法の提案や副作用のモニタリングを主に行い、病棟担当薬剤師とも連携をとりながら患者さんの苦痛の緩和に努めています~

糖尿病チーム

糖尿病治療には、食事療法、運動療法、薬物療法の3つの治療があり、薬剤師はチーム医療の一員として薬物療法に貢献しています。
~薬剤師は、内服薬・注射薬の種類と作用、服用する上での注意事項およびインスリン自己注射の手技・管理に関する指導を行っています。また治療中に起こりうる低血糖やシックデイに対する知識や指導も行い、患者さんが安心して治療に臨めるよう寄り添い、サポートしています~

糖尿病チーム

呼吸器ケアチーム

医師、看護師、薬剤師、理学療法士で構成されるチームです。当院では呼吸機能に障害のある患者さんを対象として、各職種が職能を活かして呼吸機能の改善を図ります。
~薬剤師は主に患者さん個々に応じた最適な吸入薬・吸入器を選択し、吸入指導を行います~

化学療法チーム

抗がん薬は、病院内で取り扱う薬の中で最も慎重な取り扱いが要求されます。
当院では薬剤師が安全キャビネットを用いて入院・外来の抗がん薬調製を行っています。患者のみならず医療スタッフの防護も念頭に入れた、より安全ながん化学療法を提供できるように心掛けています。
~薬剤師は各科から申請されたがん化学療法レジメンの確認・承認、管理にも携わっています~

心不全ケアチーム

2019年11月に発足した、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、心臓リハビリスタッフ、臨床工学技士、地域連携室スタッフ、訪問看護スタッフの多職種チームです。
~薬剤師は薬の効果と副作用をモニターし、かつ服薬アドヒアランスが改善するよう患者をサポートしています~

医薬品安全管理部

安全な医療を提供するためには、医療の質の向上を目指して安全管理に関する体制を整備することが重要です。
院内で起こった事例のみならず、院外の事例や対策の情報収集を行い、対策案の立案ならびに実施・管理を行い、より安全な医療を提供できるように職員を支援しています。
~専任薬剤師1名が従事し、院内の各職種と連携して日々の医療安全の確保に尽力しています~