附設保育所

附設保育所 概要

附属病院、総合医療センターでは、院内で働く医師や看護師などの育児中の職員を支援するため、院内保育所を設置しています。産休明けから職場に復帰する際、子どもが認可保育所に入ることが出来ない時の救済措置として重要な役割を担っています。また、夜間保育も実施しており、子育てと仕事が両立できるよう最大限のサポートを心がけています。香里病院で働く職員については、附属病院附設保育所に子どもを預けることができます。

附属病院 総合医療センター
定員 30名 30名
保育年齢 生後57日目~2歳児 生後57日目~未就学児
定時保育 平日 7:30~18:00
第1・3・5土曜日 7:30~13:30
(ただし、病棟勤務者等は18:00まで)
平 日 7:30~18:00
土曜日 7:30~18:00
保育料 月額25,000円(消費税別) 月額25,000円(消費税別)
その他 延長保育あり、夜間保育あり 延長保育あり、夜間保育あり

病児のお預かりについては、それぞれの病院管理課庶務係へお問い合わせください。

利用者の声

附属病院形成外科 F先生(女性)

 私は子供が生後4カ月の時から約1年半院内保育所でお世話になりました。保育園が職場に近い場所にあるため送迎の手間がかなり省かれたので、かなりスムーズに復職することができました。まだ離乳食も始まってもいない、かなり早い段階での保育所デビューが可能だったのは、昼休みの時間帯に授乳することができたからです。離乳食が始まってからも保育園が主導となり進めてくださったので、自分以外の大人が一緒に子供の成長を見守ってくれるというのは、新米ママにとってかなり心強かったです。子供が病気になったときは病児保育を利用することができ、安心して仕事することができました。また院内保育では一般の保育園ほど登園準備の必要がないので、子供が1歳を迎える前に職場復帰できたのは院内保育があったからといっても過言ではありません。

利用手引き

近日公開予定