1. トップページ
  2. 患者の皆様へ

患者の皆様へ

関西医科大学腎泌尿器外科は、わが国で最も早く腹腔鏡手術を始めた泌尿器科のひとつであり、毎日の臨床の中で低侵襲手術の実践と患者さんのQOLを重視しています。
また、科学的根拠に基づいて低侵襲手術を安全に実施できる、次世代泌尿器科医の教育に全力を注いでいます。
関西医科大学には附属病院(枚方)と総合医療センター(滝井)、香里病院の3つの附属病院がありますが、いずれの病院でも泌尿器科を開設し、「患者さんのQOL尊重」と「低侵襲治療」をモットーに、診療、教育、研究に励んでいます。

病院名 泌尿器科部長
関西医科大学附属病院(枚方) 松田公志
関西医科大学総合医療センター(滝井) 室田卓之
関西医科大学香里病院 吉田 崇(医長)

◆外来担当医表

▶ 附属病院(枚方)
▶ 総合医療センター(滝井)
▶ 香里病院

◆専門外来のご案内

関西医科大学附属病院(枚方)ではさまざまな専門外来を設けて、泌尿器科的疾患に悩んで居られる患者さんそれぞれのニーズに応じ、きめ細やかな診療をおこなうことを目標としています。各専門外来によって受診の方法が異なりますので、以下の記載を御参照下さい。または電話にて腎泌尿器科外来までお問い合わせ下さい。

■電話番号:072-804-0101(病院代表)
腎泌尿器科外来受付まで取り次ぐようお申し付け下さい(電話対応時間:午前9時から午後4時)

前立腺外来

近年日本でも前立腺がんをはじめとする前立腺の病気に悩まれる方が増えています。このような状況のなか、関西医科大学泌尿器科では2006年より前立腺外来を開設し、前立腺がんを専門とする医師が、患者さんだけでなくそのご家族を交えて話し合い、患者さんの個々の状況に応じた、より専門的な治療を進めていけるようサポートしています。

日時 毎週月曜および金曜 午後2時から (予約制)
担当医 木下 秀文
受診方法 まず、一般初診外来(午前中)を受診していただき、診察医にて前立腺外来への受診していただくかどうかを判断し、予約をとります。

セカンドオピニオン外来

医療の内容は日々複雑かつ高度なものになっており、泌尿器科があつかう病気もその例外ではなく、診断または治療の選択肢は多様化しているのが現状です。患者さんご自身の診断、治療方針について、異なる医師の意見を聞くことを希望される方を対象にセカンドオピニオン外来を開設し、患者さんにとってより良い結果がもたらされるよう、お手伝いさせていただいております。

日時 毎週水曜および金曜 午後2時から (予約制)
担当医 松田 公志(水曜)、木下 秀文(金曜)
受診方法 現在診療を受けておられる病院の地域医療相談室を通じて予約をとっていただきます。診療情報、レントゲンなどの画像検査結果などを御用意いただくよう、御紹介いただく先生に御依頼ください。
受診費用 セカンドオピニオン外来での診察は自費診療となります。
30分間の診療で1万5千円(税抜き)を御負担いただきます。

男性更年期外来

2002年1月から男性更年期外来を開設し、専門的な診断と治療を行っています。

日時 毎週水曜午後(予約制)
担当医 松田公志(水曜)
受診方法 一般初診外来(午前中)を受診していただきます。
質問紙による問診と血液検査(男性ホルモン測定)をおこない、専門外来の受診予約をとります。初診時の血液検査は午前11時までに行う必要がありますので、できる限り早い時間に受診して下さい。
受診費用 初診時の診察および検査は自費診療となります(合計約2万円)。

これまでの診療実績:2002年1月以降、500名以上の方が受診し、診断と治療(男性ホルモン補充療法)を受けていただいています。

受診費用:男性更年期に関する診察は自費診療となります

男性不妊外来

当科では1991年から男性不妊外来を開設し,男性不妊症の専門的な診断と治療を行っています。

日時 毎週月曜午後、第1・3・5土曜午前 (予約制)
担当医 松田公志、島田誠治
診療内容 ホルモン検査、精液検査(3日以上禁欲)、精巣生検、精索静脈瘤検査など
受診を希望される方はまず一般外来を受診してください。問診と血液検査を行い,男性不妊外来を予約します。

女性泌尿器外来

当科では主に尿失禁、膀胱脱を専門に扱う女性外来を実施しています。受診を希望される方はまず一般外来を受診してください。問診表や排尿日誌などをお渡しし、女性外来を予約いたします。
女性泌尿器科外来での診察の流れはこちらをご覧ください。

日時 毎週金曜日、午前(予約制)
担当医 駒井資弘
診療内容 内診、パッドテスト、チェーン膀胱造影、骨盤低筋体操指導など

男性性機能外来

日時 第1・3・5土曜午前 (予約制)
担当医 島田誠治
診療内容 ホルモン検査、夜間陰茎勃起能検査、陰茎海綿体PGE1注入検査、ドップラー血流検査など
受診を希望される方はまず一般外来を受診してください。問診と血液検査を行い、ED外来を予約します。バイアグラ投与に関係する診療は自費診療になります。

小児泌尿器科外来

小児の泌尿器科的疾患に対しては、より専門的な知識と経験が必要とされます。関西医科大学泌尿器科では、小児泌尿器科を専門とする医師を招いて診察をおこなっています。

日時 月曜午前、水曜午後、第1・3・5木曜午後
担当医 (月曜、水曜担当)渡邊仁人、(木曜担当)東田 章

ストーマ外来

当科では、尿路ストーマ(回腸導管など)や人工肛門のストーマ管理を専門に扱う、ストーマ外来を実施しています。専門知識を持ったET認定看護師が、個々の患者様に最適なケアーを指導します。

日時 毎週火曜日午前(予約制)
担当医 末平智子、定田喜久世(ET認定看護師)
診療内容 回腸導管、尿管皮膚瘻、人工肛門の皮膚管理、装着具の選択、装着法の指導など

腎移植外来

当院での献腎移植の登録をご希望の方、あるいは生体腎移植をご希望の方は、この外来を受診してください。

日時 毎週金曜日午前、第1・3・5土曜午前(予約制:あらかじめ泌尿器科外来にお電話ください)
担当医 矢西正明
診療内容 腎移植に関する説明、献腎移植登録など
フェイスブック

このページのトップへ