• 交通アクセス

関西医科大学総合医療センター 肝臓病センター

肝臓病センター長挨拶患者さま・一般市民の方へ
肝臓病センター長挨拶

関西医科大学総合医療センター 肝臓病医療センター長 關 壽人 肝炎・肝硬変・肝がんの早期発見と患者さんに対する的確な治療方針の決定には、肝臓病診療の専門的な医療機関とかかりつけ医との連携は必須です。しかし従前の診療体制では不十分なこともあり、それぞれの役割に応じた診療ネットワークを形成することが急務でした。
 かかる状況の中で、国家的プロジェクトとして、各都道府県に肝疾患診療連携拠点病院を選定し、当該病院を拠点として他の専門医療機関およびかかりつけ医と連携しながら患者さんに良質な医療を提供するためのネットワークを構築することが決定されました。
 関西医科大学総合医療センター(旧関西医科大学附属滝井病院)は2008年7月10日付で、大阪府の推薦に基づき、厚生労働省の設置許可をへて、大阪府内5カ所の肝疾患診療連携拠点病院の1つとして指定され、主に北河内医療圏を担当することになりました。これを機に拠点病院としての事業を円滑に遂行するため2009年3月1日付で当院内に肝疾患センター(現、肝臓病センター)が設置されました。
 肝臓病センターは、関連各科が協力して行う、肝疾患診療および研究に対する支援のほか、拠点病院として、院内外の医療従事者や地域住民を対象とした研修会や講演会などの開催、肝疾患に関する相談、肝疾患に関する専門医療機関との連携の場を設定することを目的としその活動を始めております。
 わが国における肝がん患者数は2010年で4万7千人と報告されています。また死因の第1位は悪性新生物ですが,肝がんは肺がん、胃がん、結腸・直腸がんについで多く、肝がんによる死亡者数は年間3万2千人(2010年)に及んでいます。肝がんの大部分が慢性肝炎,肝硬変などの慢性肝疾患から発生しますが,その原因の60%がC型肝炎ウイルス,15%がB型肝炎ウイルスによるものです。従って、慢性C型肝炎および慢性B型肝炎患者さんに対する的確な治療が肝がん発生の抑止につながります。また近年、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎(non-alcoholic steatohepatitis, NASH)などC型肝炎ウイルスあるいはB型肝炎ウイルスとは関連しない肝臓病からの肝発癌の割合が増加傾向にあります。今後は肝炎ウイルスとは関連しない肝臓病に対しても、より一層の取り組みが必要です。肝がん治療についても種々の治療法が開発されており、早期に発見されれば患者さんにとって負担の少ない治療が施行可能となっています。
 早期発見・早期治療はどのような疾病にも共通することですが、肝臓病においても、肝疾患診療連携拠点病院、専門医療機関およびかかりつけ医との連携を基軸としたネットワークの活用が肝炎・肝がんの早期発見・治療につながり、肝がん多発地域である大阪府内において肝炎の治癒・肝がん撲滅に寄与することを祈願しております。

部位別 死亡率 年次推移【女性、全年齢】

部位別 死亡率 年次推移【女性、全年齢】
死亡率:肝がん、男性は3位、女性は5位。

都道府県別 年齢調整死亡率 2013 年肝及び肝内胆管【男性、75歳未満】/都道府県別 年齢調整死亡率 2013 年肝及び肝内胆管【女性、75歳未満】

西日本は男女とも肝がんによる死亡者数が多い。
特に大阪府、兵庫県、広島県、福岡県などは肝がんの多発地域です。

資料 : 独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター
Source : Center for Cancer and Information Services,National Cancer Center, Japan

よくわかる肝臓病の食事
脂肪肝
慢性肝炎(鉄制限食を含む)
肝硬変
肝疾患診療連携拠点病院の役割
肝疾患診療連携拠点病院の役割
センター長挨拶
肝臓病センター長挨拶
肝臓病センター紹介
肝臓病センター紹介
肝臓病センターの診療実績
肝臓病センターの診療実績
臨床研究支援履歴
臨床研究支援履歴
大阪府肝疾患診療連携拠点病院 関西医科大学総合医療センター KANSAI MEDICAL UNIVERSITY MEDICAL CENTER

大阪府肝疾患診療連携拠点病院 関西医科大学総合医療センター
KANSAI MEDICAL UNIVERSITY MEDICAL CENTER
肝臓病センター Liver Disease Center

〒570-8507 守口市文園町10番15号
電話:06-6992-1001(代表)

Copyright (c) KANSAI MEDICAL UNIVERSITY MEDICAL CENTER. All Right Reserved.