PDイベント(医療従事者向け)

過去の記事一覧

京阪PDネットワーク 2019年初夏のセミナーご案内

2019.03.23
 陽春の侯、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
今回の京阪PDネットワーク初夏のセミナーでは、テーマとして「そうだったのか!PD」
と題して、新百合ヶ丘総合病院 篠崎倫哉先生にご講演いただきます。
腹膜透析について患者様への説明方法や知識を深めていただくことで、
今後の療養支援に生かしていただければと思っております。
皆様のご参加をお待ちしています。
ご多忙中大変恐縮でございますが、ご返事賜りたくお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
日 時:2019年5月11日(土)18:00~19:30
場 所:関西医科大学総合医療センター 南館2階臨床講堂
座 長: 関西医科大学総合医療センター 腎臓内科科長 菊池 早苗先生
演 題:『そうだったのか!!PD』
演 者:医療法人社団三成会 新百合ヶ丘総合病院
               血液浄化療法センター長    腎臓内科部長    篠﨑 倫哉 先生
 スライド1 スライド2お申し込みは、FAXまたはメールで4月30日までにお知らせ下さい。

(続きを読む…)

カテゴリー: event2

京阪PDネットワーク総会&新年会を開催しました

2019.02.07

2019年2月2日

 

皆さまに、相互に親睦を深めるために 2019年2月2日に京橋GARB DRESSINGにて新年会&総会開催しました。お忙しい中25名の会員の皆さまにご参加き交流の場を持つことができました。 「顔の見える連携作り」が地域医療連携の発展にはとても重要で、今回の総会では、大阪市立総合医療センターの浅井先生、をはじめ大阪大学の北村先生、他施設の看護師様にご参加頂きました。いろいろな情報交換や今年度の活動報告とネットワーク活動のアンケート結果報告をさせて頂きました。2019年のセミナー内容はアンケートをもとに検討中ですので決定次第、ホームページでお知らせします。

 

IMG_0738 IMG_0739 IMG_0750

 

カテゴリー: event2

2019年2月2日 新年会&総会のおしらせ

2018.12.26

スライド1 スライド2拝啓 初冬の候、時下ますますご活躍のこととお喜び申しあげます。

皆さまに、相互に親睦を深めるために 2019年2月2日に新年会&総会を企画しました。 「顔の見える連携作り」が地域医療連携の発展にはとても重要で、毎年この総会で、他施設のスタッフ様が いろんな情報交換や、新たな仲間作りをされています。 ぜひ、お誘いあわせの上ご参加下さい。

カテゴリー: event2 > 未分類

京阪PDネットワーク秋のセミナーPD応用コース開催しました

2018.11.14

2018年11月12日第18回京阪PDネットワーク秋のセミナー、「よくわかる!PDカテーテルと出口部ケア」を開催致しました。大阪市立総合センター泌尿器科副部長 浅井利大先生を講師としてお招きし、PDカテーテル留置術と合併症についてまた、関西医大総合医療センター 透析センター 日下美保子慢性腎臓病療養指導看護師(DNL)より「オーダーメイドの出口部ケア~導入期から維持期の看護師のかかわり~」について講演して頂きました。浅井先生の講演では、写真や動画を取りいれたPD留置術の説明は、実際の手術の様子がイメージしやすく、留置後のカテーテルトラブル時の修復術などもご紹介いただき大変わかりやすい内容で勉強になりました。日下美保子看護師より、導入前の患者の日常生活を考慮した適切な出口部のマーキングを行うこと、カテーテル留置後は、統一したケア方法で管理を行うこと、退院後の訪問看護師との連携により継続した看護を行うことで出口部トラブルや腹膜炎発症予防が重要であることを学びました。

P1030278 P1030259 P1030269 P1030273

 

 

 

カテゴリー: event2 > 未分類

2018年11月12日 京阪PDネットワーク秋のセミナーPD看護応用コースのご案内

2018.09.21

初秋の候、時下ますますご活躍のこととお慶び申し上げます。

今回の京阪PDネットワーク秋のセミナーでは、PD看護応用コースとして、腹膜透析の手術・合併症と出口部ケアについて学ぶ企画をしました。大阪市立総合医療センター 泌尿器科副部長 浅井利大先生をお招きし、職種、施設の壁を乗り越え、腹膜透析のカテーテル管理について学びを深め、今後の療養支援に生かしていただければと思います。たくさんのみなさまのご参加をお待ちしています。

スライド1 スライド2

カテゴリー: event2

京阪PDネットワーク春のセミナーPD看護基礎コースを開催しました

2018.06.04

2018年5月31日 京阪PDネットワーク春のセミナーPD看護基礎コース「学ぶ!体験する!役に立つ!腹膜透析について一緒に学びませんか?」を開催しました。今回は、初めてセミナーに参加される方や、これからPD業務をされる予定の方、PDに興味がある方に基本的なPDの知識をを得ていただき、4社のメーカーのPDデバイスを体験していただけるようセミナー企画をしました。

 

P1010225P1010221

まず、関西医科大学総合医療センター 腎臓内科科長 菊池早苗医師から、『腹膜透析治療とは』について、ご講演いただきました。冒頭に正常な腎臓の働きについて、慢性腎臓病(CKD)になるとどうなるのか、3つの腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)の説明とそれぞれの療法の特長、腹膜透析の原理、合併症と対策、PET試験(腹膜平衡試験)など基本的なPDの知識だけでなく、腎不全治療全域の内容の濃いご講演内容で、大変わかりやすく教えていただきました。

 

P1010257P1010261

 

次に、 門真クリニックあいわ診療所 城戸江利花看護師に『腹膜透析看護の実際』をご講演いただきました。バック交換、出口部ケアの方法、患者指導におけるポイントや、「PD事件簿」と題した実際のトラブル事例、そして、PD看護師の役割と心構えについて丁寧にそして楽しく教えていただきました。

 

P1010311P1010318P1010308

P1010303P1010309P1010312

4メーカー(バクスター、ジェイエムエス、テルモ、日機装)のご協力を頂き、各社の機器を展示、参加者の皆さまに実際にバック交換やデバイスの接続を体験していただきました。参加者数は61名で、触って見て体験する盛況な会となりました。次回は、11月の開催は、PD応用編として、PDカテーテル留置術と出口部ケアについてを予定しています。

カテゴリー: event2

2018年5月31日 京阪PDネットワーク春のセミナー PD看護基礎コースのご案内

2018.04.04
陽春の候、時下ますますご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて、慢性腎不全患者さんの高齢化と、地域包括システムの推進が求められている現状において、腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)のうち、在宅医療である腹膜透析はますます重要視されています。
京阪PDネットワークでは、改めて基礎から腹膜透析の実際について学べる場を提供したいと考え、今回のセミナーを企画しました。
これからPDについて学んでみたい方、基礎から学び直したいと考えている方、いろんなメーカーのシステムを見てみたい方など是非お気軽にご参加ください。地域・職種等問いませんので、腹膜透析治療の実際を学びたいというたくさんの方にご参加いただけると幸いです。
スライド1 スライド2
カテゴリー: event2

京阪PDネットワーク総会&新年会を開催しました

2018.02.03

2018年1月25日京橋GARB DRESSINGにて新年会&総会を開催しました。

お忙しい中、27名の会員の皆さまにご参加頂きました。

2017年度の活動報告とネットワーク活動アンケート結果の報告を行いました。

2018年度のセミナーは基礎編、応用編に分けて開催します。

これからも、PD患者様が在宅で安全に安心してPDライフを過ごして頂けるような地域連携活動を展開していきたいと思います。
DSC04153DSC04169
DSC04151

カテゴリー: event2

2018年1月25日 新年会&総会のお知らせ

2017.12.27

初冬の候、時下ますますご活躍のこととお喜び申しあげます。

PD医療・看護・介護 それぞれの分野において、PD患者さんの在宅療養を支え尽力していただいている会員の皆さまに、相互に親睦を深めるために新年会&総会を企画しました。

 「顔の見える連携作り」が地域医療連携の発展にはとても重要で、1回/年のこの総会で、他施設のスタッフ同士がいろんな情報交換や、新たな仲間作りをされています。 ぜひ、お誘いあわせの上ご参加下さい。
スライド1スライド2
カテゴリー: event2

2017年秋のセミナー「PD+HD併用療法について☆学ぼう!知ろう!語り合おう!☆」を開催しました。

2017.11.21
2017年11月16日 秋のセミナー「PD+HD併用療法について☆学ぼう!知ろう!語り合おう!☆」を開催しました。
 今回の秋のセミナーは、特別講演として、ふくいクリニックの福井政慶先生に「腹膜透析・血液透析併用療法」についてご講演いただきました。
 併用療法の基礎知識・併用療法の実際・併用療法の適応と除外基準・併用療法についての疑問 ・ クリニックでの症例経験をわかりやすく教えていただきました。事前に参加者からの質問をいただいていましたので、それをご講演の中で、一つ一つ解説していただいたことで、各施設が臨床の場で抱える問題に切り込んでお答えいただき大変いい学びになりました。
 また、併用療法の利点については、メジャーリーグをめざす大谷将平選手の二刀流に例えたり、受講者の興味をグッとつかむ魅力的なお話で、最後まで集中して受講できました。この場を借りてお礼申し上げます。
 後半は、1事例(併用療法中の患者)をあげてグループ討論を行いました。多職種・他施設のグループ構成としたことで、いろんな角度から意見交換ができたようです。
 参加者の皆さまが、1つの事例に対し、医学的見解、社会背景や家族看護の側面、治療変更の説明時期・基準の設定、透析方法のロジカルな考え方など、多くの意見をいただき非常に勉強になりました。
 今回の参加者は81名でした。来年度も多くの皆さまにご参加いただけるよう興味深く役に立つセミナーの企画・運営に尽力したいと思います。たくさんのご参加ありがとうございました。
★プレゼンテーション1
カテゴリー: event2