関西医科大学医学教育センター
関西医科大学医学教育センター

Essay教授のエッセイ

関西医科大学医学教育センター
2020/04/30

新年度を迎えて

医学教育センター長

西屋 克己

 本来ならば新しい年度を迎え、目標も新たに勉学にクラブ活動に励んでいくところだと思いますが、新型コロナウイルス感染症により、正常な大学活動がストップしてしまいました。緊急事態宣言も出された中で、我々の行動は大きく制限され、社会生活も日常とはかけ離れたものとなってしまいました。

 我々教員は新年度に向け様々な準備をしてきましたが、その計画は全て白紙となり、限られた資源と制約の中で授業や実習を実施することとなりました。従来通りの内容で実施することはできませんが、個々の教員がカリキュラムを遂行できるよう工夫を凝らして遠隔講義を行っています。このような状況は初めての経験であり、かつ準備期間も極めて短かったため、学生の皆さんにとって不十分な形からの遠隔講義となりました。我々は毎日様々な情報を収集し、日本の大学で展開されている標準レベル以上の遠隔講義の実施を目指して検討を重ねています。本来ならば、皆さんとお会いして、face to faceで皆さんの熱量を感じながら講義や実習を実施したい、というのが我々教員の願いです。

 一つ皆さんにお願いがあります。本学のディプロマ・ポリシー(卒業までに身につけなければならない能力)の一つに自己主導型学習・生涯学習があります。現在の厳しい学習環境の中で、自分を律することができるのは自分しかありません。遠隔講義の中ではたくさんの課題が出されます。しかし、誰もみなさんを管理することはできません。大学生として自ら学んでいく姿勢を、この厳しい環境の中で身につけて欲しいと思っています。もちろん、わからないことや困ったときには我々に相談してください。できる限りの対応をしたいと考えています。

最後になりますが、本学は医科大学であり、厳しい医療環境の中、新型コロナウイルスと対峙している教員が沢山います。医療資源も枯渇する中、この見えざる敵から患者さんの命を守るべく奮闘しています。将来医師となるみなさんが、このような教員のことも思い浮かべていただけたら嬉しい限りです。

2019/06/21

医学教育センター新ホームページ開設です!

皆さん、こんにちは!医学教育センターの西屋です。いよいよ医学教育センターの新しいホームページが開設されました。内容を充実して、学生さんはもとより教職員にも有用な情報が提供できるよう努めていきます!

今回は医学教育センターの簡単な紹介をいたします。当センターは2011年に開設され、現在、専任教員2名、事務職員2名で運営されています。当センターのミッションは本学における医学教育の実務と研究であり、開発研究、学習支援、教育支援、IR、地域医療教育の5部門から構成され、医学教育のさまざまな事案・問題に対して対応しています。また本学は2020年に医学教育分野別認証を受審予定であり、国際的に通用する医科大学を目指して、関係部門と共に、本学医学教育のハード・ソフト面での整備を行っているところです。

教育は「共育」をモットーに、学生さんや教職員に寄り添う医学教育センターを目指して頑張っていきます。どうかよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

関西医科大学医学教育センター〒573-1010 
大阪府枚方市新町2丁目5番1号 
TEL:072-804-0101