研究・業績・論文

  1. HOME
  2. 研究・業績・論文

研究

  • 周産期

森川守

わが国の産科DIC診断基準改訂版(2022年)の有効性・非劣性の検討

当科が主導し多施設で、後方視・前方視的に検討し、有効性、国際基準との非劣性を明らかにし、利用を促す。

  • 周産期

森川守

妊娠中の蛋白尿の多寡と周産期予後との関連性の多施設後方視的検討

当科が主導し20-30施設で、妊娠高血圧腎症(高血圧+蛋白尿)妊婦で後方視的に検討し、わが国の管理方針を策定する。

  • 婦人科腫瘍

横江 巧也

不妊症に対する子宮筋腫核出術の有効性についての患者説明ツールの開発

詳細
  • 婦人科腫瘍

北 正人

新規手術機器開発(内視鏡装置・AI自動診断)

  • 婦人科腫瘍

北 正人

HPVワクチン普及のための方法論と実践

  • 婦人科腫瘍

北 正人

5-ALA を用いた光線力学的診断と治療の開発と臨床応用

  • 婦人科腫瘍

北 正人

婦人科悪性腫瘍の手術・化学療法・免疫療法・放射線療法などを併用した集学的治療

  • 婦人科腫瘍

北 正人

腟内視鏡(pneumovaginoscopy)の開発と臨床応用

  • 周産期

牧野博朗、神谷亮雄、森川守

大阪府内における梅毒合併妊娠の動向ならびに管理方針と周産期予後

詳細

大阪府内における梅毒合併妊娠の動向ならびに管理方針とそれに伴う周産期予後を明らかにする。1次調査として大阪府内の分娩取り扱い全施設に梅毒合併妊娠の管理方針(診断法ならびに治療法、分娩管理)ならびに梅毒合併妊婦・先天梅毒の取り扱いの有無に関してアンケート調査を行う。梅毒合併妊婦の分娩の取り扱いがあった施設に対して、2次調査としてその症例に関する個票調査を行い、梅毒の診断法ならびに治療法とその効果、先天梅毒の発症の有無ならびにその診断法・治療法の情報を収集し検討する。この後方視的検討結果をもとに、梅毒合併妊娠の管理の現状における課題を明らかにし、打開策を提案する。

  • 周産期

神谷亮雄

前置胎盤における子宮頸部静脈叢体積と術中出血量の関連性の検討

子宮頸部静脈叢(cervical varices : CV)をMRIで定量的に評価し、CVが発達した前置胎盤の特徴を同定する。CVの体積が帝王切開術中出血量の予測因子であるかを検討し、治療戦略を策定する。

  • 周産期

吉田彩

ラット妊娠子宮筋に対するプロゲステロン(P4)によるnon-genomic actionの作用機序の検討

妊娠子宮筋におけるP4の核内P4受容体を介さず遺伝子発現も伴わないnon-genomic actionの機序を解明し、早産の新規治療戦略の策定に向けた研究基盤の確立を目指す。

業績

学術雑誌 他

  • 周産期

Morikawa M, Kamiya A, Yoshida A, Nishibata S, Okada H.

Differences between Japanese new criteria and pregnancy-specific modified ISTH DIC scores for obstetrical DIC diagnosis
詳細

Int J Hematol.

  • 婦人科腫瘍

Masato Kita, Yuki Yasuhara, Genichiro Sumi, Takuya Yokoe, Yusuke Butsuhara, Yoji Hisamatsu, Hidetaka Okada

Fertility-sparing radical resection of juvenile clear cell adenocarcinoma of the cervix by pneumovaginal endoscopic surgery
詳細

Gynecologic oncology Reports

  • 婦人科腫瘍

Kita M, Butsuhara Y, Hisamatsu Y, Yokoe T, Okada H.

Pneumovaginoscopy-assisted radical hysterectomy for early-stage cervical cancer: a novel bidirectional approach for tumor spillage prevention and R0 resection
詳細

Journal of gynecologic oncology

  • 婦人科腫瘍

Takuya Yokoe, Hisato Fukuda, Yuri Noda, Masato Kita

Acute abdomen caused by internodular bleeding from a multiple myoma pseudocapsule in a postmenopausal woman
詳細

BMJ case reports

  • 婦人科腫瘍

Yoji Hisamatsu, Masato Kita, Takuya Yokoe, Yusuke Butsuhara, Hidetaka Okada

A pilot study of repeated 5-aminolevulinic acid photodynamic therapy for cervical intraepithelial neoplasia by a newly developed intravaginal irradiation system
詳細

Photodiagnosis and Photodynamic Therapy

  • 周産期
  • 臨床遺伝

神谷 亮雄

血友病保因者女性の管理について

産婦人科の進歩

  • 婦人科腫瘍

横江巧也、北正人、角玄一郎、佛原悠介、 久松洋司、中井英勝、松村謙臣、岡田英孝

子宮頸癌に対するBevacizumab併用化学療法の検討

産婦人科の進歩

  • 周産期

Hiroaki Tsubokura, Mitsuaki Ishida, Akemi Nishigaki, Takuya Yokoe, Shinnosuke Komiya, Yusuke Butsuhara, Aya Yoshida, Yoji Hisamatsu, Yoshiko Hashimoto, Tomoko Tsuzuki-Nakao, Hiromi Murata, Koji Tsuta, Hidetaka Okada

Significance of placental CD200 expression in patients with preeclampsia: Comparison between early‑ and late‑onset patients
詳細

Molecular Medicine Reports

  • 婦人科腫瘍

Takuya Yokoe, Masato Kita, Yusuke Butsuhara, Yoji Hisamatsu, Hidetaka Okada 

R0 resection of vaginal stump recurrence of gynecologic malignancy by bi-directional endoscopic approach: A case series of four patients
詳細

Asian Journal of Endoscopic Surgery

  • 婦人科腫瘍

Takuya Yokoe, Masato Kita, Yusuke Butsuhara, Yoji Hisamatsu, Hiromi Murata, Hidetaka Okada

Salvage chemotherapy and maintenance therapy with poly adenosine diphosphate-ribose polymerase inhibitors for bevacizumab-resistant relapse of epithelial ovarian cancer

European Journal of gynecologic oncology

  • 婦人科腫瘍

Takuya Yokoe, Masato Kita, Gen-ichiro Sumi, Hiroshi Shiraga, Hidetaka Okada

Successful management of metastatic ovarian carcinosarcoma with olaparib plus bevacizumab: a case report.
詳細

European Journal of gynecologic oncology

  • 婦人科腫瘍

Yokoe T, Kita M, Suzuki K, Butsuhara Y, Yoshida A, Morikawa M, Okada H.

Laparoscopic hemostasis and drainage for postpartum retroperitoneal hematoma complicated with an infection: A case report and surgical video.
詳細

Laparoscopic hemostasis and drainage for postpartum retroperitoneal hematoma complicated with an infection: A case report and surgical video.

  • 周産期

Akio Kamiya,  Takahiro Yamada,  Aya Yoshida,  Takashi Doi,  Hidetaka Okada

Perinatal management of tension pneumothorax due to cystoamniotic shunt displacement.
詳細

Congenital anomalies

  • 婦人科腫瘍

Madoka Hamada, Yuki Matsumi, Mitsugu Sekimoto, Hiroaki Kurokawa, Masato Kita, Hidefumi Kinoshita,

Image Navigation Surgery With the Fluorescent Ureteral Catheter of Recurrent Tumors in the Pelvic Cavity
詳細

Diseases of the Colon & Rectum

  • 周産期
  • 婦人科腫瘍

COVIDSurg Collaborative

SARS-CoV-2 infection and venous thromboembolism after surgery: an international prospective cohort study
詳細

Aneasthesia

  • 婦人科腫瘍

Takuya Yokoe, Masato Kita, Hisato Fukuda, Yusuke Butsuhara, Genichiro Sumi, Hidetaka Okada

Successful minimally invasive surgery for postpartum retroperitoneal hematoma complicated by an infection: Two case reports
詳細

Annals of Medicine and Surgery

  • 婦人科腫瘍

T Yokoe, M Kita, T Odaka, J Fujisawa, Y Hisamatsu, H Okada

Detection of human coronavirus RNA in surgical smokegenerated by surgical devices
詳細

Journal of Hospital Infection

  • 周産期

服部 葵,  吉田 彩,  奥 楓,  神谷 亮雄,  黒田 優美,  笠松 敦,  岡田 英孝

Massive perivillous fibrin depositionを呈し、胎児死亡に至るも母体救命しえた妊娠オウム病の1症例

日本周産期・新生児医学会雑誌

  • 周産期

服部 葵, 吉田 彩, 奥 楓, 神谷 亮雄, 黒田 優美, 笠松 敦, 岡田 英孝

妊娠中に胃食道重積を呈し、上部消化管内視鏡で保存的に整復した一例

日本周産期・新生児医学会雑誌

  • 婦人科腫瘍

Miki Soeda, Madoka Hamada, Toshinori Kobayashi, Yuki Matsumi, Mitsugu Sekimoto, Masato Kita

Combined laparoscopic and transanal minimally invasive repair for postoperative rectovaginal fistula – a video vignette

Colorectal Disease

  • 周産期

西端 修平, 吉田 彩, 副島 周子, 安原 由貴, 神谷 亮雄, 黒田 優美, 通 あゆみ, 岡田 英孝

MRI検査で診断したposterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)妊産婦8例の検討

産婦人科の進歩

  • 婦人科腫瘍

Yokoe T, Yasuda K, Yoshimura T, Hattori A, Mizokami T, Yoshida A, Sato C, Kita M, Okada H

Monozygotic twins with ovarian cancer carrying a pathogenic BRCA1 germline mutation: A case report
詳細

SN comprehensive clinical medicine.

発表

  • 婦人科腫瘍

横江巧也

粘性が高い体液に用いるための、流体力学を利用した吸引装置の開発

日本内視鏡外科学会

  • 周産期

神谷 亮雄, 西端 修平, 安原 由貴, 坪倉 弘晃, 吉田 彩, 森川 守

SLE合併妊娠における周産期予後不良因子に関する検討

第149回近畿産科婦人科学会学術集会 周産期研究部会

  • 婦人科腫瘍

鈴木健太郎, 横江巧也, 佛原 悠介, 久松洋司, 角玄一郎, 北 正人, 岡田英孝

傍大動脈リンパ節腫大を伴う子宮体癌症例において腫大したリンパ節は悪性リンパ腫であった1症例

第74回日本産科婦人科学会学術会

  • 周産期

牧野 琴音, 神谷 亮雄, 安原 由貴, 西端 修平, 坪倉 弘晃, 吉田 彩, 森川 守, 岡田 英孝

妊娠24週感染性肺嚢胞に対して肺葉切除を行った一例

第58回日本周産期・新生児医学会学術集会

  • 周産期

西端 修平, 安原 由貴, 神谷 亮雄, 坪倉 弘晃, 吉田 彩, 森川 守, 岡田 英孝

分娩時大量出血におけるInterventional Radiology(IVR)の適応並びに有効性に関する後方視的検討

第58回日本周産期・新生児医学会学術集会

  • 周産期

吉田 彩, 森川 守, 神谷 亮雄, 坪倉 弘晃, 岡田 英孝

関西医科大学附属病院における産科危機的出血ならびに産科DICへの対応

第58回日本周産期・新生児医学会学術集会

  • 周産期

森川 守, 吉田 彩, 神谷 亮雄

妊娠高血圧腎症における「蛋白尿の多寡」による周産期予後の検討

第58回日本周産期・新生児医学会学術集会

  • 周産期

安原 由貴, 神谷 亮雄, 西端 修平, 吉田 彩, 森川 守, 岡田 英孝

当院で出生した先天性横隔膜ヘルニア児における胎児超音波による予後予測因子の検討~左心低形成と予後の関連~

第59回日本周産期新生児医学会学術集会

  • 周産期
  • 臨床遺伝

島田咲, 佐藤智佳, 佐藤智佳, 吉田彩, 吉田彩, 神谷亮雄, 黒田優美, 矢内洋次, 山田崇弘, 山田崇弘, 山田崇弘, 岡田英孝, 岡田英孝

単一三次施設における34歳以下妊婦の出生前遺伝学的検査の受検動向調査

日本人類遺伝学会第67回大会

  • 婦人科腫瘍

横江巧也, 橋本佳子, 北正人

粘性が高い体液に対するドレナージデバイスの開発

第35回日本内視鏡外科学会(名古屋市)

  • 婦人科腫瘍

久松洋司, 北正人, 横江巧也, 佛原悠介, 村田紘未 , 岡田英孝

再発卵巣癌に対するPARP阻害薬を用 いた維持療法中の再発に対し放射線療 法を行った3症例

日本産科婦人科学会

  • 臨床遺伝

神谷 亮雄, 吉田 彩, 佐藤 智佳, 島田 咲, 山田 崇弘, 岡田 英孝, 野村 昌作

AYA世代の血友病推定保因者女性に対する遺伝カウンセリングの重要性

第46回日本遺伝カウンセリング学会学術集会

  • 婦人科腫瘍

佛原 悠介, 横江 巧也, 久松 洋 司, 角 玄一郎, 北 正人, 岡田 英孝

当院での高齢子宮体癌症例に対する治療方針個別化の後方視的検討

第73回日本産婦人科学会学術集会

  • 婦人科腫瘍

横江 巧也, 北 正人, 佛原 悠介 , 久松 洋司, 角 玄一郎, 村田 紘未, 岡田 英孝

有害事象を管理すればOlaparibの長期 維持療法は可能か?

第73回日本産婦人科学会学術集会