薬剤部について薬剤部について

ごあいさつ

Greeting

「くすりは両刃の剣」とよくいわれます。
本来、病気の診断、治療または予防の目的で使われるものですが、
使い方を誤ったり、思わぬ副作用による健康障害を引き起こしたりもします。
医師の的確な診断に基づいて患者さん個々に最適な薬剤が処方され、
薬剤師はその処方を鑑査し正確な調剤を行います。
患者さんに信頼して薬物治療を受けて頂くために、
医療チームの一員として医薬品の適正使用をサポートし、
安全で安心な医療を提供するよう日々努めてまいります。

薬剤部 部長 關 壽人

概要

Overview

薬剤部では、薬品管理、調剤、医薬品情報管理、
入院患者さん対象の薬剤管理指導・病棟薬剤業務などを通して、
感染防御、栄養管理、褥瘡管理、緩和ケアなどの医療チームにも参画し、
幅広い薬剤師業務を展開しています。
また、大学病院であることから、教育・研究面の分野でも充実をはかり、
日本医療薬学会認定薬剤師制度による研修施設に認定されています。
薬学6年制の教育では、長期実務実習による薬学生を受け入れ、
将来の薬剤師の育成にも力を入れています。

基本方針

Basic policy

外来院内調剤:
外来患者さんの院内調剤を行っています。
診察室での処方が電子データとして直ちに薬剤部に届き、
薬剤師による処方鑑査、調剤が開始されます。
患者さんは会計を済まされた後、
直ぐに薬を院内で受け取り可能となっています。

施設認定

Facility certification/Professional and certified pharmacist qualification holder
施設認定
日本医療薬学会認定研修施設
日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士認定教育施設
日本緩和医療学会認定研修施設
薬学教育協議会実務実習受入施設

仕事紹介はこちら